読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウィズQ

魔法使いと黒猫のウィズ 攻略まとめブログのようなもの

【魔道杯回想報告書】Report1. 星祭の魔道杯

f:id:wizqanda:20160804070111j:plain

始まり。

 2014/11/21の16:00~約22:00、2014/12/26の22:00~2014/12/29の15:59まで行われた星祭の魔道杯。

この魔道杯が今の僕を形成していくきっかけとなった魔道杯になります。

この頃の僕は総合報酬でさえ2大会前から漸く取れるようになったぺーぺー。魔道杯の総合ボードなんて夢のまた夢でした。

しかも、11月に初日が開催されたときはまだ10段にようやく上がれた頃でした。

しかし、11月の初日に急遽魔道杯が中止に。僕はこの日最初の2時間ほどだけポイントを積んでバイトに行っていました。
(魔道杯のために4日間も予定を空けるなんて当時は考えもしていなかった頃です)

バイトから帰って、初日のボーダーをTwitterで確認しようとしたところ、「魔道杯がなくなった」っというリプが。

「???」っとなったのを覚えています。

しかし当時の僕には特に痛くも痒くもなく、ただ「魔道杯なくなったのかぁ」といった感想だけでした。

今の僕なら驚天動地、阿鼻叫喚。このときの上位陣はまさに阿鼻叫喚していたと思います。

中止から一転。12月に転機が訪れます。

そう。クリスマスガチャです。

このときもバイトしていました。そしてその休憩時間になんとなく単発ガチャをしました。

すると……

f:id:wizqanda:20160804074847j:plain

出ました。クリスマスアカリ。

引けた瞬間に頭に電撃が走りました。

弐式、最上位段を走れる

思い立ちその場ですぐにイザヴェリとカーナを引きにいきました。

そうして組んだデッキがこちら。

f:id:wizqanda:20160804075125j:plain

イザヴェリ2枚を引けなかったので1枚をモストロで代用したデッキになります。

たぶん9Tクリアデッキだったと思います。

これで何とか弐式を走るデッキが完成しました。

そして待ちに待った星祭の魔道杯の再開。

予定も上手く空けられたので、これはもう「プラチナムを狙うしかない!」と思い挑むことにしました。

もう死にもの狂いでした。まず4日間もゲームをぶっ続けでやったことなんてなかったので、もうヒィヒィ言いながらプレイしていました。

「上位陣やべえ……」本当にそう思いました。

しかし自分もなんとか総合ボードに載れそうな位置まで来ることが出来ました。

負けられない、このチャンスを絶対ものにする。そう思いながら必死になっていたと思います。

今みたいに寝ない、なんてこともせず、眠くなったら寝ていましたが(笑)

そうして4日間を過ごした結果。

f:id:wizqanda:20160804081202j:plain

f:id:wizqanda:20160804081210j:plain

総合41位でした。当時ではめっちゃ頑張ってます、今だと考えられません(笑)

魔道杯終わったあとに思いました。

「もう魔道杯なんて絶対走らねー!!」

ところが走っちゃうんですよね~、魔道杯。それが魔道杯の怖いところ。

今まで雲の上だったのが、手で掴める範囲に入ると人間、欲が出ます。次はもっと上に行けるんじゃないか?そう思いまた次も走ったんだと思います。

またこの頃確かトッシュさんたちと知り合ったと思います。まだ走り始めたばかりのトッシュさんとかは既に上位の成績(たしか15位くらいだったかな?)を収めていました。

さすが近い未来チャンプになる男、ポテンシャルが違いました(笑)

上位になれば上位陣に近い存在になれる、そんな思いもあり頑張ったのだと思います。

このときの最上位陣。

f:id:wizqanda:20160804084100p:plain

「いつか、ここに並び立ちたい」そう思った瞬間でした。

今では親しい仲になっている人もいますが、このときは神にも等しいと思える存在でした。

この先、Twitterで相互になってもらったときとか本当に嬉しかったです。

過去の自分は今こんなブログを書いたり魔道杯に人生を賭けるようになっているとは思いもしていないだろうなぁ(笑)

こうして、私の魔道杯人生は幕を開けたのでした。

See you next Report !!