読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウィズQ

魔法使いと黒猫のウィズ 攻略まとめブログのようなもの

【簡易比較】バジュラの物質特攻

カード

f:id:wizqanda:20160417100536j:plain

バジュラ強いです。

 

コンテンツ

【前置き】

今絶賛コラボ中のマクロスイベント。

そのイベントである協力バトルのドロップ報酬に「超時空生命体 バジュラ」がいます。

今回はこの精霊について、少し書いていきたいと思います。

  • 特徴1

「ASが高倍率の種族特攻(対物質600%)」

  • 特徴2

「レアな水/闇変換」

この精霊の惹かれる点はこの2点でしょうか。
特に水/闇変換はこの先増えて行くであろう闇の複属性持ち精霊のためにも持っておきたいスキルですよね。

まあ、変換スキルは置いておいて、今回の本題に入ります。

  • 「バジュラの種族特攻はどれくらい強いの?」

これを本題に話をしていきたいと思います。

今いる精霊で水の物質特攻といえば、新旧アヴィンがいます。
どちらも限定で中々手にするのは至難。

この2体、物質が出るステージでは獅子奮迅の活躍をしてきました。

今回はこの2体とバジュラを簡易比較して、バジュラについて話したいと思います。

今回の比較条件として

  • デッキにはそのキャラ1体しかいないものとする(助っ人も考慮しない)。
  • レジェンド化していないものとする。
  • 乱数は1.0とし、チェイン補正は考えないものとする。

以上の3点を踏まえて比較していきます。

【バジュラ】

まずは本題のバジュラから。

f:id:wizqanda:20160417100536j:plain

f:id:wizqanda:20160417102952j:plain

f:id:wizqanda:20160417103006j:plain

バジュラ1体の攻撃力は「3264」(フル覚醒・フルマナ)。
ASは物質に対して600%。
2T目から水/闇変換が使用可能。

f:id:wizqanda:20160417100511p:plain

単色パネルでも中々。変換するとかなり打点が出ますね。

【旧アヴィン】

次は旧アヴィン。

f:id:wizqanda:20160417103538j:plain

f:id:wizqanda:20160417103554j:plain

f:id:wizqanda:20160417103608j:plain

f:id:wizqanda:20160417103623j:plain

旧アヴィン1体の攻撃力は「4184」(フル覚醒・フルマナ)。
ASは物質に対して特攻、パネルの色の数で更にアップ(550%-700%-800%)。
SSは自己エンハンス350%(4T目から使用可能)。

f:id:wizqanda:20160417104025p:plain

思ったより打点が出てません。

2、3色のパネルを踏み自己エンハンスを掛ければ中々高い数字を叩き出せます。

【新アヴィン】

最後に新アヴィン。

f:id:wizqanda:20160417104443j:plain

f:id:wizqanda:20160417104454j:plain

f:id:wizqanda:20160417104509j:plain

新アヴィン1体の攻撃力は「4534」(フル覚醒・フルマナ)。
ASは物質に対して特攻600%。

f:id:wizqanda:20160417104659p:plain

攻撃力が高い分安定してますが、如何せん複属性を持っていないので意外とこぢんまりとした印象です。

【まとめ】

上記三つの打点表をもう一度。

f:id:wizqanda:20160417100511p:plain

f:id:wizqanda:20160417104025p:plain

f:id:wizqanda:20160417104659p:plain

これを見る限り、イベント産のバジュラが限定のアヴィンになんら引けを取っていないことがわかります。

皆さんが一生懸命集めている理由がよくわかりますね。
今回のバジュラは強いです。

理由は複属性であり、またその複属性を生かせる変換を持っていること。

この点が限定のアヴィンに勝るとも劣らない性能を出せている点ですね。

もちろん、アヴィンが弱いわけではありません。

種族が戦士でデッキとして組みやすいですし、種族特攻が物質だけでなく、魔法生物・神族と幅広くカバーしています。

旧アヴィンに至っては自己エンハンスなので他種族やASなしでも450%の倍率が出せます。

要は使い様です。

ただ、今回伝えたかったことは、物質相手にはこのバジュラは本当に強く、是非とも手に入れておきたいということです。

簡易的にはなりましたが、ここらへんで〆させてもらいます。

ご覧いただき、ありがとうございました。(計算間違ってたらすみません)